Snuggery ~ with Canna ~

 私にとってのSnuggery(心地良い場所) " 我が家 " の日常を綴っています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |

本格的にカンナの手作り食を始めて、3週間ほど経ちました。
毎日手作り食ネタを書こうと思いながらも、今も試行錯誤の毎日なので、
もう少し落ち着いてきてから・・・と、ついついずるずると日が経ってしまい、
気付けば1週間も空いてしまったぁ~
ま、体調と相談しながら、ボチボチ・・・という事で^_^;

朝は既製のフードを、夜は手作り食をあげています。
(手作り食のみだと、不都合な状況の時もいづれあると思うので)

まず朝ですが、2種類のフリーズドライフードと、1種類の半生の総合フードを
試しました。
その結果、やっと最近「これで行こう!」と思えるモノに落ち着きました。

それは、これ↓。

2006/3/7ナチュラルミックスというフリーズドライ製品
です。
お湯を適量かけて、冷まして食べるもの。
ふやけるまで待つ必要はありません。
フリーズドライ製品は、お湯をかけると
ベチャベチャになってしまうものが

ほとんどの中で、この製品はそういうことはありません。
(長時間ふやかしておいたら、ベチャベチャになると思いますが^_^;)
後ほどお話しする手作り食もそうなんですが、カンナは、水分が多い分には
問題ないのですが、べちゃっとした食事が余り好きではないようなので、
カンナ的にこれはGOOD

1袋50gで、通常カンナの月齢&体重だと、1日1/2袋~1袋程度食べてOK
なんですが、カンナは胃がかなり小さく食が細いので、1回に1/4を食べるか
どうか?といった感じです。

これは、ドライフードでもこのフードでも手作り食でもそうなんですが、例えば
1粒当たりのカロリーが高いドライフードでも、カンナが本来必要な 1日の
カロリー分を食べさせようと思うと、カンナにとっては2回や3回に分けた程度
では、とても食べきれない量になってしまうんです。
最初は、この点で凄く悩んでしまいました。
栄養が不足がち=丈夫な子に育たない・・・。
でも、同じ手作り食をする友人と話したり、日々カンナの体調を見ながら
試行錯誤を繰り返すうちに、余りに神経質になる必要はないかな?と思うように
なってきました。

あ、でも食欲はものすっごくあるんですよ(笑)
ごはんでもおやつでも、最初は食べる気満々

舌をペロペロしちゃって、Sitの姿勢はいつも
以上に胸を張っちゃって、後ろにそっくり
返るんじゃないかと思っちゃうほど(;^ー^)ゞ


そして手作り晩ごはん
最初は、お肉orお魚:穀類:野菜を6:2:2の割合、それにプラストッピングという
形であげていました。
といっても、カロリーから必要量を計算していたのはお肉orお魚と穀類だけ。
野菜はカサ(量)を見て適当に^^
でも最近は、量るのはお肉or魚だけ。
・・・ちょっと違うかな?^_^;
それすら見た目で大体・・・・という感じです(笑)
まあ、慣れてきたので目分量ってトコでしょうかね
カンナは今成長期だし、食が細くて食べすぎという状態にはならないので、
そういう点では、今は比較的楽だと思います。

最近の例を挙げると・・・・

<お魚の場合>

2006/3/7      2006/3/7






夕食は、夜早い時間と深夜(我が家は、人間の夕食が午前1時前後の事が
多いので、深夜にもあげられるんです)の2回に分けてあげています。
なので、全て左の食材写真は2回分、右の器に盛ったモノは1回分になります。
この日のメイン食材はブリ。
他に、ひじき・人参・キャベツ・ごはんで、ブリとごはんとひじきとキャベツの芯
だけ加熱しています。       

2006/3/7      2006/3/7






これは今日のごはんです(*^_^*)
はっきり言って、今日はかなり豪勢なほう
サバ・絹ごし・かぼちゃ・プリーツレタス・プチトマト・干ししいたけ、トッピングに
すりゴマ少々。
干ししいたけの戻し汁を使い、そのしいたけとサバとかぼちゃだけ加熱しました。 

<お肉の場合>

2006/3/7      2006/3/7






鶏ガラミンチ(肉7割&骨3割)・ごはん・かぼちゃ・ブロッコリー・オクラ・昆布・
刻み海苔です。
煮たのは、馬肉・ごはん・かぼちゃで、ブロッコリーは予め茹でてあります。
これも豪勢なほうだわ・・・^_^;

2006/3/7       2006/3/7                             






食材は、馬肉・豆腐・大根・レタス・じゃがいも、トッピングにごま油少々・
かつおぶし少々です。
かつお少々とお水適量を火にかけて、馬肉を少しだけ加熱、じゃがいもは茹でて
あって、あとは生のままです。

この馬肉、本来は生でOKなんですが、カンナはまだ生肉が余り得意でない
なので、今はレアな感じに少し加熱してあげています。

最初、本を読んで少し知識を得たんですが、本によって(獣医さんによって)
食べてOKな食材とダメといわれる食材、組み合わせてはダメな食材が違う
のでかなり悩みました。

例えば・・・

1.ごはんや麺などの穀類と肉・魚を一緒に与えると、消化に必要な酵素が
違うために、膵臓にかなり負担を掛けるので止めた方が良い、という考えと
気にする事はないという意見。

2.人参やきゅうりはビタミンCを分解する酵素を含んでいて、他の野菜のCを
壊してしまうので、一緒に与えない方が良い、という考えと、それでも他にも
良い栄養があるのだから与えても良い、という考え。

3.ほうれん草などシュウ酸を含むものは与えない方が良い、という考えと、
問題ないという考え方。

などなど・・・・。

私の場合今は、2と3は毎日ではないし気にせずあげています。
今も悩んでいるのは1。
膵臓への負担といえば、加熱食だけ与えていた犬と、ローフードで過ごして
いた犬とでは、加熱食だけを食べていた犬の膵臓の方が大きさが2倍になって
いた(負担が掛かっていた)という話もあるようです。
でも、獣医さんによっては、問題ないという意見もあるんですよね~

最近は近所のスーパーで、カンナにちょうど良い量の使いきりパックがセットに
なってるお豆腐(安いんですよ^^)を見つけたので、それがある時はごはんは
無しに、豆腐を切らしている時はご飯を加えています。
絶対に組み合わせてはダメ!という事ではないそうなので

あと、塩分。
かなり気を遣わなければダメかなぁ~と思っていましたが、そうでもないみたい。
味噌や納豆など発酵食品は、優れた消化酵素を持っているので積極的に取り
入れてOK!
少量の塩や、香り付けにごく微量ならたまり醤油も問題なし。
ぬか漬けも良い酵素が含まれているので、塩分を抜けば良いそうです。
もちろん、ほ~~んの少しですけどね^^

ところで、手作り食にしてからのカンナの変化。
もともとイノーバをあげていた(ほとんど食べてませんでしたが^_^;)頃から
う○ちは少ない方でしたが、手作りにしてから更にもうちょっとだけ量が
減ったかな。
目ヤニも、以前から少ない方だったのですが、これはもっと減りましたね。
毛艶は元々良い方だったので、特に変化はありません。
おしょんの量は少し増えたかも?
手作り食は水分が多いですからね。

それと、手作り食に移行する際に、よく吐いたり下痢をする子がいるようですが、
幸いカンナはそういう事は全くありませんでした。

あと、あくまでもカンナの場合ですが、
「食材は出来るだけ細かく刻んだりすりおろしたりして」とよく書かれていますが、
カンナの場合、あまり細かすぎるのは好きじゃないようなんです^_^;
最初にも話した、いわゆるベチャベチャ系が嫌いらしい・・・
なので、時々は人参をすりおろしたりする事もあるけれど、基本は5mm角
程度の角切りです。
う○ちを見る限り、ちゃ~んと消化されているようです♪

う~~ん、結局そんなにおっきな変化はないかも?!
もともと、食べなかったくせに超健康体だったしねぇ~。

でも、手作り食は完食してくれてます
これが一番の変化かなぁ~(*^。^*)
作ってる時から、クンクン泣いてキッチン横のゲートに仁王立ちのカンナです。
これって、私が嬉しいだけっていう事かしらん?!(;^ー^)ゞ

こんな感じで、我が家では朝&夜を続けていこうと思っています

いつもに増して長くなっちゃいました、スミマセン(;^ー^)ゞ
最近のカンナ、ヒート中ですがますます元気でっす

2006/3/7

スポンサーサイト
2006.03.07 23:22 | 健康 | TB(-) | コメント(8) |

Calendar

02 | 2006 / 03 | 04
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-

Characters

haruka

管理人:haruka
  
家  族:カンナ&じじちゃん(夫)


Countdown

*script by KT*

Counter

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。